PROVEの動作環境

  • RHEL6/RHEL5および類似の環境
  • Apache Web Server(Prefork MPM)+PHP5.4/PHP5.3/PHP5.2/PHP5.1

PROVEは大量のログを出力するため高速なディスク、高速なCPUおよび大容量のメモリを搭載したハードウェアで実行することをお薦めします。ログ保存先は専用パーテション、可能であればSSDをご利用ください。大量のログファイルの削除は数GBでも数日必要な場合があります。データファイルの削除にはファイルシステムの再作成をお薦めします。

PROVEコンソールはPHP5.3以降でのみ動作します。レガシー版PHPを利用される場合はPHP5.3の環境も用意してください。

推奨スペック

  • CPU: 2コア以上
  • メモリ: 4GB以上
  • ログパーテション: 10GB以上 (専用パーテション・専用ディスク推奨。可能であればSSD)
  • ファイルシステム: Btrfs/Reiser4 (ext3/ext4など他のファイルシステムでも利用可能)☆

☆ Btrfs/Reiser4ファイルシステムはブロックサブアロケーション、小さいファイルへのアクセスの最適化、大量ファイルへのアクセス最適化、無制限のファイル数、モジュールによる圧縮などPROVEのログファイルシステムとして最適な仕様となっています。

· 最終更新: 2012/11/22 10:02

個人情報保護 | PROVE開発ブログ(Coming Soon) | GITレポジトリ(Coming Soon) | オンラインフォーラム(Coming Soon)

PROVE for PHP, produced by Electronic Service Initiative, Ltd.